耐震工事

耐震工事のススメ

耐震リフォーム工事の方法には、基礎の補強、筋交いや構造用合板での壁の補強、壁量を増やす、屋根を軽くする、接合金物を正しく取り付けるなどの方法があります。また耐震性能を正しく維持するためには、補強だけではなく、シロアリなどによる腐食や劣化を補修する工事も計画に入れておく必要があります。

耐震リフォーム工事は、床や壁のリフォーム時に一緒に行えば、工事がしやすく効率的で、費用を節約できます。正しく診断を受け、我が家に相応しい耐震リフォーム工事を行いましょう。

耐震工事の鉄則

鍵は1981年と2000年、我が家の築年数を確認して診断を受ける

家は建てられた時期によって耐震性能が異なります。その境目になるのが、1981年と2000年です。

1981年に建築基準法をが改正され、新しい耐震基準が定められました。その基準を新耐震基準と呼び、それまでの旧耐震基準とは地震への強さが大きく異なります。

新耐震基準の目安は、震度5程度では損傷しない、震度6~7程度の大地震で倒壊しないことであり、それまでの旧耐震基準の震度5程度で倒壊しないことと比べると、かなりの差があることがわかります。

その後、2000年も基準法の改正があり、木造住宅の柱の接合金物の仕様などに関して、更に規定が加えられました。

つまり、1981年より前に建てられた家は、できるだけ早い時期に、新耐震基準に沿うよう、耐震リフォーム工事を行うことが大切です。

建てられた時期によって耐震性能は異なる。
ただし家が健康な場合に限り。定期点検を忘れずに。
 

また、1981年以降に建てられた住宅であっても、2000年以前に建てられた木造住宅の場合は、新耐震基準を満たしていても最新の性能を満たしていない可能性がありますので、耐震診断を受けておくことをお勧めします。

ただし、これらはあくまでも確認申請ですので、1982年に建てられたものであっても、1981年5月までに確認が下りていれば、旧耐震基準で建てられている可能性があります。

まずは築年数を確認し、それから点検や耐震診断を受けるという流れを踏んで、ご自宅の性能を確認しておきましょう。

そして大切なことは、これらはすべて家が健康な場合に限りという条件付きだということです。シロアリの被害や漏水などで構造部分が腐食していると、耐震性能はダウンします。2000年以降に建てられた家であっても、定期点検を忘れずに行っておきましょう。

場所別の耐震工事の方法

建物の基礎から作る耐震工事

建物の基礎は建物を支えている大きな柱になります。古い木造住宅の特徴として鉄筋技術が無いので、「基礎をコンクリートで補強する」という工事が必要になります。

コンクリートで補強することで建物の強度が上がるとともに基礎と土台のしっかりとした繋ぎにもなります。

接合部の耐震工事

次に大切になってくるのが接合部の補強です。こちらも古い木造住宅では、接合部が金具で補強されていないので「金具でしっかりと補強すること」が重要です。

必要な部分を金具で補強することで倒壊しにくい建物を作ることができます。

屋根の耐震工事

古い家の屋根は土瓦の屋根が多くなっています。土瓦や粘土の屋根は、台風や強風では強いこともありますが地震の際には重くのしかかってくることがあるので揺れには弱く倒壊の可能性が高くなってしまいます。

屋根の耐震工事の際には「軽量の屋根材」を使います。最近では、軽量でありながら丈夫という一石二鳥の屋根材もあるので地震対策には効果が期待できます。

壁補強の耐震工事

耐震工事の中でも一番大切だと言われているのが「壁の補強工事」です。

壁は「耐震壁を新しく増設する」か「既存の壁に耐震補強をするか」で分けられるので、まずはお気軽にご相談ください。

耐震シェルターを使った耐震工事

耐震シェルターとは「地震の際に一部屋だけ安全な空間を確保すること」です。鉄筋や木材で作るのが一般的ですが、工事日数やコストもかかってくるので必要かどうか検討してみることをおすすめします。

お気軽にお問合せください

お電話のお問合せ・相談予約

027-212-7670

フォームでのお問合せ・相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ご案内

2022/09/15
前橋市ごみ収集カレンダーに広告掲載いたしました。(下半期用)

2022/07/08
第66回前橋花火大会
令和4年8月13日開催協賛いたしました。
リフォームブースも設置いたします!
 

2022/06/27
(一社)住宅基礎コンクリート保存技術普及協会
㈱アグリマート 様をお招きしまして、自動式低圧樹脂注入工法・シロアリ薬剤の講習会開催いたしました。

2022/6/16
ペットとの住まいづくりページを公開いたしました

2022/6/2
BSテレビ東京
なないろ日和!にて当社取材協力いたしました。

2022/5/28
前橋市水道局に当社宣伝車両完成しました。

2022/4/26
NPO法人 日本住宅性能調査協会 様にご協力いただきまして、「木造住宅の耐震診断と補強方法」の講習会開催いたしました。

Tポイント付与

2022/3/1
当社ご利用のお客様でご希望の方には、定額T-ポイント付与サービスを開始いたしました!(詳細は当社従業員にお気軽にお問い合わせください!)
 

新着情報・お知らせ

2022/09/15
前橋市ごみ収集カレンダーに広告掲載いたしました。(下半期用)

2022/08/13
前橋市花火大会に協賛PRブース設置いたしました

2022/07/27
現場イメージシート完成!
見かけた方はお気軽にお問い合わせください!

2022/07/08
第66回前橋花火大会において、当社リフォームブース展示いたします!
開催期間 令和4年8月13日(土)お近くの方はぜひお越しください!

2022/06/27
(一社)住宅基礎コンクリート保存技術普及協会様による「建築改修工事共通仕様書」の標準仕様注入ドーム工法講習会開催いたしました。
㈱アグリマート様によるシロアリ防除薬剤・駆除薬剤の講習会開催いたしました。

2022/6/16
ペットとの住まいづくりページ公開いたしました

ご家庭にペットがいる方はぜひご覧ください!

2022/6/2
BSテレビ東京
なないろ日和!にて当社取材協力いたしました。

2022/5/28
前橋市水道局様に当社宣伝車両完成いたしました。

2022/05/17
会社概要ページにて、有資格者情報公開いたしました。

【2022/4/27】
GWの休業のご案内
電話応対
5/1(日)~5/5(木)
店舗休業
上記日程どおり


本社・富山営業所とも上記日程となります。
皆様のご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。
 

2021/10/01
本社機能を前橋市石倉町5-22-5に移転いたしました。

2021/08/18

ライン公式アカウントでお気軽にお問い合わせください

2021/7/15
安中市・富岡市・藤岡市において、特別チラシを新聞折込いたしました

2021/05/12
前橋市役所にて当社CM公開

2021/05/06
前橋中央郵便局フリースペースにて会社案内展示中(5/17~5/30)
ご覧の方は、お気軽にお持ち帰りください

https://youtu.be/lgtc5k2fT9U

2021/04/01
前橋市石倉町に製作所オープン

2021/03/09
ホームページを公開しました

作成中ページもございますので、お問合せに関しましては、お気軽にお電話ください。

株式会社日本創和

住所

〒371-0841
群馬県前橋市石倉町5-22-5

受付時間

9:00~18:00

定休日

日曜